So-net無料ブログ作成

公園に住めますか? [日記]


先週末に大阪地裁で「居住の実態がある場合には公園を転居先とした住民登録が認められる」という判決が出ましたが、もちろん公園に居住できるということではございません。判決でも「占有権を有するかどうかは、生活の本拠としての実態とは無関係」としているワケで、まあ日常的な感覚からはズレているが住民基本台帳法には確かにダメとは書いてない・・・

と、言うわけで「完全に固定された生活の本拠」が存在すれば住民登録できることになりそうですが、これはつまり生活の本拠として占有(占拠)するというコトですね。
となれば、次は「公園の一部を占有」する方法ですな。で、「都市公園法」を調べてみました。公園管理者の許可を受けることにより「公園」を「占有」することは可能ですが、この場合でも作れる工作物は公共インフラ関連(電気、ガス、水道、公衆電話、道路、信号、ポストなど)や災害発生時の避難所、競技会などの仮設工作物に限定されいます。唯一近そうなのは「非常災害に際し災害にかかつた者を収容するため設けられる仮設工作物」ですが、非常災害が発生しないかぎりムリだし発生して欲しくもない。

まあ、実際には居住目的の占有を公園管理者から許可されることはないでしょう。なので公園のテント(というか小屋?)は「公園を不当に占有する工作物」か「不法投棄」のいずれかということになるでしょう。しかし、ここで「簡単に移動できるから占拠ではない」などと言ってはいけませんよ。固定されていないと住所登録できませんからね(<誰に言ってる?)

で、私的な推測ですが
「住所登録する」=「公園を不当占拠していることを自ら宣言する」

と、なってしまうため

・「公園を不当占有する工作物」の所有者が明確化されることにより
・ 上記の工作物を撤去を要求され
・「都市公園法」に基づき撤去費用および清掃費用を徴収される

という結果しか出てきません。
まあ、私は法律家ではないので画期的?な方法があるのかもしれませんが、合法的に公園で暮らすのは難しいようです。(つか、住んじゃダメです)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。