So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュルブルクリンクで「かめっ」と叫ぶ [ゲーム]


予約してあった「Tourist Trophy」が送られてきました。

最初は違和感があったんですが、視点を設定変更してハンドルを表示させると違和感が減りました。標準だとGTとごっちゃになってしまって妙な感じだったのですが、メーターやらハンドルを表示させるとバイクに乗ってる感じがするので良い感じ。
肝心の操縦感覚ですが、「かなり頑張ってる」と思いますね。もっとも、私がバイクのりだったのは大昔なので「うろ覚え」ですが、明らかにクルマとは違うコーナーリングの世界が再現されてます。

まだ、やりこんでないので細かいコトを書くのは控えておきます。なので、GTとの違いを中心に紹介してみます。

まず、ゲームをスタートすると最初にライダーの身長を登録することになります。私は正直に自分の身長をセットしてしまったので、ちびっ子ライダーになってしまいました。

あと、「お金」がありません。マシンは「チャレンジモード」で課題をクリアするともらえます。課題は1対1のバトルで、先行するマシンを抜いて10秒キープするかゴールすれば勝ちになります。また、ライセンスにより挑戦できるマシンが制限されるので地道にライセンスも取らないといけません。

ライディングギア(ウェア、ヘルメットグローブブーツ)はクローゼットというメニューでカスタマイズできます。レーシングA/B、タウンA/Bの4種類をセットアップしておくことができます。ライセンスを取るとウェアが増えるみたいです。

ちなみに、バイクなのでちゃんと「転倒」します。痛そうです。

と、まあそんなトコですかね。
最初はどうにも上手くコントロールできなかったのですが、バイクに乗っている「つもり」になると上手くコントロールできたりするので不思議なモンである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。