So-net無料ブログ作成

今年のF1 [クルマ]

一時はどうなることか?と思われたスーパー・アグリのF1挑戦ですが、FIAからのGOサインが出て一気に動きが出てきました。とはいえ、開幕戦のバーレーンは3月12日。とりあえず旧アロウズのクルマをベースにホンダのV8をくっつけて今年のレギュレーションに合わせた外装にするだけで精一杯でしょう。ともかく、バーレーンにクルマを2台持ち込めたらそれだけで立派。

Web CG:スーパー・アグリ、前10チームが再申請にOK
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017634.html

Web CG:ブリジストン、スーパー・アグリにタイヤを供給
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017773.html

Response:スーパーアグリF1、参戦決定・・・ここまでを総括
http://response.jp/issue/2006/0130/article78786_1.html

ちなみに今年のレギュレーションの変更点は・・・

エンジン:3リッターV10から2.4リッターV8に変更。(救済措置でV10も使える)
タイヤ:レース中のタイヤ交換が可能に。
予選:複雑になります。最初の15分間でタイムアタックを行い下位の6台が脱落する。このセッションで17位から22位までの予選順位が確定する。次のセッションも15分でこのセッションでも下位の6台が脱落となる。このセッションで11位から16位が確定。最後に20分のセッションを行い上位のグリッドが確定する。
燃料:予選の最初の2セッションは給油できる。予選の最終セッションに参加していないクルマに対しては決勝前に給油できる。予選の最終セッションに参加するクルマは、最終セッション前に給油出来る。また、最終セッションで消費した分の燃料を決勝レースのスタートまでに給油できる。(つまり、最終セッションスタート時の燃料搭載量以下で決勝をスタートしなければならない。

といったところでしょうか。

タイヤ交換が可能になったのは安全性の面で仕方のないところでしょう。決勝レース中に1から2回の給油を行った方が速いと思われるため、同時にタイヤ交換も行われることになると思います。問題になりそうなのは予選ですね。特に最初のセッションは22台が走りますので混乱→トラブルが発生しそうです。これについては前戦の上位については最初のセッションを無条件で通過させるといった補正処置が必要なように思われます。


元祖、ミゾ落とし [クルマ]

「ミゾ落とし」と言えば、マンガ「頭文字D」の主人公「藤原拓海」が得意とするテクニックであり、要するに道路脇の雨水溝にイン側のタイヤを引っかけることで高速コーナーリングを実現するという、ちょっと荒っぽい技である。
※「バリバリ伝説」の「ガードレールキックターン」と比べれば一万倍はリアルであるが。

さて、私の手元に一冊の本がある。
ポール・フレール著「新ハイスピードドライビング」という本がそれである。この本の原点は1966年に出版された「ハイスピードドライビング」であり、1992年にエアロデバイス、電子制御、フルタイム4駆といった新しい技術を取り込んで大幅に加筆・修正されたのが「新ハイスピードドライビング」である。内容はスポーツドライビングのテクニックとその技術的・物理的な背景であり、実際にスポーツ走行をする人だけでなく、グランツーリスモマニアにもオススメな一冊である。まあ、有名な本なので既読の方も多いことであろう。

で、この本に実は「ミゾ落とし」がちょっとだけ出てくるのである。コーナーリングの項目で「路面キャンバーの利用」というマニアックなページがあるのだが、そのページの写真の説明に「雨水溝に前輪をかけて・・・バンクと同じ効果を得る」というのが出てきてチョットびっくりした。

てな感じで、この本はドライビングポジションやコーナリングラインといった基本的なところからレースに参加する時の心構えといった広範囲な内容が200ページほどにコンパクトにまとめられた地味だがオモシロイ本なのである。

新ハイスピード・ドライビング

新ハイスピード・ドライビング

  • 作者: ポール フレール
  • 出版社/メーカー: 二玄社
  • 発売日: 1993/12
  • メディア: 単行本


オートサロンという戦場 [クルマ]


よせば良いのに「東京オートサロン」に行ってきた・・・
前売り券を買うような計画性を持ち合わせていなかったのが災難のもとで、入場券を買い求めるまでに30分以上もかかってしまうやら、会場内も大混雑でくたびれるやらで、なんかもう2時間ちょっとぐらいで疲れて帰ってきちまいました。

続きを読む


ロードスター、イッキ乗り(もちろんGT4) [クルマ]

とりあえず、おなじみのシミュレータで各種ロードスターを試してみた。
まずは、元祖NA6。


続きを読む


ロードスターはどうだろう [クルマ]

POLO GTIにSタイヤをはかせてみるプランを検討してみたんだが、現状のBPS+Neovaの組み合わせはきちんとバランスが取れているように思われるワケで、そうなるとSタイヤとの組み合わせではアシとのバランスが悪くなるようにも思われる。
そんな具合に思索を巡らすと、タイムを削る方向でPOLOをこれ以上弄るのも「どんなもんだろうか」とも思うようになってきた。

そこでだ・・・

一人で乗るコトだけを優先した、遊び用のクルマを仕立てられないか考えてみたワケだ。で、経済的な制限として車両価格で100万円ぐらいを目安として、サーキットで楽しく走れる車という条件で考えるとマツダロードスターの前モデル(NBってやつね)がハマってくる。POLOと併用の前提なので実用性は果てしなくゼロでかまわない。そう考えるとPOLOとロードスターの2台体制ってのは「シアワセ度」が高い組み合わせのような気がしてくる。(ついでにPOLOも長持ち)
まあ、問題はNBよりNAの方が俺的にはカッコイイってところが問題だな。
あと、フィールの悪い(と言われている)6MTをとるか、5MT+1.6lにするかは悩むところだな。


VWの三輪車 [クルマ]


まあ、既出だとは思いますが・・・
ロスアンゼルスモーターショーで発表されたVW GX3
http://response.jp/issue/2006/0108/article77996_1.html

1.6lの125psエンジンてことは多分Lupo GTIのエンジンだな。
てっきり、FFなのかと思ったら、リアホイールをチェーンで駆動するらしい。
考えてみると、リアが1輪ってことはクルマの後ろ側ではロールの抑制はできないわけで、横Gがかかっていったときにリアのグリップが減少してテールが出まくりになりそうな気がするんだがどんなもんだろう・・・

・・・でも、面白そうではある・・・
もし、発売になった場合の予価は$17,000だそうな。


小さいカーナビ [クルマ]


最近の高機能なカーナビさんは20万円以上もする。まあ、機能面を考えれば仕方ないところではある。もっとも、私はナビなんてのは地図と現在位置表示だけあればイイと思っている。(極論すればルート案内もいらない)
で、テキトーにググっていたらこんなものを発見。
http://www.pontus.jp/product.htm

続きを読む


クルマのツボ(TVK) [クルマ]

TVK(テレビ神奈川)の自動車番組「クルマのツボ」。
12月25日の放送ではスズキ・スイフト・スポーツの予定。
放送時間は夜10:00 - 10:45
http://www.tvk-yokohama.com/tubo/


究極のホイールボルト [クルマ]


http://www.az-design.jp/poggipolini/index.html
ポジポリーニのチタニウム製のホイールボルト。16本セットで14万1120円也。
ノーマルのボルトに比べて1本当たり46gほど軽量化されるようであるが、4本分で180g程度なので費用対効果はいまひとつか。でも、威張れることだけは確実。
1万4千円ならなんとかなりますけど、14万はムリですわ・・・


新型 POLO GTI [クルマ]


http://www.volkswagen.co.jp/PoloGTI/index.html
正式に発表になりました。
まずは、ちゃんと発売されるということを評価したいなと。
個人的には・・・
・あのエンジンはどうなのか?
・いまさらハロゲンにはもどれない・・
・ボンネットを棒でささえるのもチョット・・・
・なにもGOLF V GTIと同じ顔にしなくても・・・・
あと、値段的にも3Drで230万ということで、個人的には微妙な感じがせんでもない。
カッコも悪くないんだけど(3Drのクロなんかカナリ良い感じだと思う)、なんか微妙なんだよな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。